二次元大国日本

漫画のコスプレ女性メイド

エロ漫画、エロ同人、エロゲーと言ったエロを題材とした二次創作物はかなり多くこの日本にあります。
そのために中にはかなりネタとされるような作品が多くあったりもします。

その中でも感動的なものや絵が驚くほどにキレイな作品がありこのコンテンツをかなり盛り上げています。

そしてこのコンテンツは日本だけにとどまらずに、世界からも大きく注目されてきているコンテンツでもあります。
そのためこれからの市場は大きくこの日本の独自サブカルチャーの市場が大きくなってきことになります。

そして海外でも人気はもともと高く、日本のアニメキャラクターのコスプレをする外国人の人も増えてきています。
こうしてアニメなどで世界と交流できてきたら良いなと感じます。

泣けるもの抜けるもの

漫画のコスプレキス

エロ漫画やエロ同人などは紙のエロ媒体としてかなりのキラーコンテンツです。
しかしエロゲーというエロゲームというのが日本にはあります。

これはシュミレーション型の疑似恋愛をしながらヒロインの女の子たちとズッコンバッコンしていくゲームです。
しかしこのエロゲーをただのエロい二次創作の物として見ていてはいけません。
これはかなり人気の高いコンテンツの一つになっています。

このエロゲーからアニメ化したりすることがあるほどの人気があります。
またこの中には抜きゲー鬱げー泣きゲーなど様々なものがあります。

また有名な会社も何個かあります。
Keyソフトやニトロプラスなどの会社はかなり有名な分類に入り、多くのアニメ作品にもなっています。
そして泣けるものはかなり感動してしまいます。

なぜこのジャンルこれだけのことをするかと思うほどに感動する作品が多くあります。
そして設定なども面白くかなり作りこまれています。

普通の展開かと思ったらかなりのどんでん返しの展開が待っていたりと、ユーザーを飽きさせない使用になっています。
このようにかなりのキラーコンテンツになっているエロゲーは、もはやエロだけでは収まらない一つの作品として完成しています。

オタクの祭典

漫画のコスプレキス男性同士

日本にはこのエロ漫画やエロ同人、エロゲーなどの即売会というものが夏と冬の二回に別れて大きくあります。

これは幕張メッセなどの大きな会場を使って行われるコミケという即売会で、コミックマーケットの略称です。
このような大型の即売会には、個人などの集まりのサークルと呼ばれる出店者達がいます。
そういったサークルは基本的に同人活動をしていることが多いです。
そしてそのサークルだけでもなく一般企業ブースと言うものもあります。
そこではその企業の有名なキャラクターやゲーム作品のグッズを売ってもいます。

ここではかなりのオタク、紳士の方々がきます。
もはや戦場のような雰囲気が立ち込めています。
夏場は倒れる人が出るほどの熱気が立ち込みます。
購入者は本だけで10キロ近くなる場合もあります。

そして伝説てきなものとして夏場はコミケ雲というものができる場合があります。
これはオタクたちの汗や熱気などが空気中に漂い、室内の冷房の冷たい空気とぶつかり本当に雲ができるメカニズムと同じ事がこの場所では起こるのです。
これほどまでの力を飛ばしてもまでもほしい本などがあります。

それぐらいにこのコンテンツはかなり人気のキラーコンテンツになっています。